サイトメニュー

注入治療で小顔を目指そう

看護師

顔への影響と注意すべき点

ボトックス注射は、医師の技量によりまして結果が左右されることから、治療して貰う場合には充分気を付ける必要があります。 注射を打つのみなので、何処の医療施設でも違いがないだろうと考えている人が多く見受けられますが、これに関しては誤った認識といえます。ボトックスは顔面に存在している表情筋を緩めることを通して、過剰な神経伝達物質を抑えシワを取る療法になります。表情筋については、首より上に30以上も存在します。表情筋は、字のごとく顔面の表情をつかさどる筋肉ですから、僅かでも注入場所やボリュームを誤ると顔の表情の喪失や形の変化などの副作用の症状を発生させてしまいます。そうした副作用を回避するためにボトックス注射に取り組む医師は、解剖学を理解している事は当然のこと、患者一人ひとりの顔の表情の使い方や皮膚の質などを念頭において注入を実施するなど、ハイレベルな専門的な知識と経験値やテクニックが求められます。そうでなければ、相互作用により予想外の失敗を招きますので、このことを勘案して手術を考慮することが重要になります。初めてボトックス注射の効果を得て副作用を防ぐためには、美容外科、あるいはお医者さんから示される注意すべき点を守る必要があります。注射した後は、副作用防止のため飲酒並びにサウナや激しいマッサージを回避するようお医者さんから伝えられますので、しっかりと守ることが大切になります。 飲酒については、体温を高めてしまうので、腫れ並びに出血に見舞われる原因に結び付いてしまいます。ボトックスに関しては、熱によって分解されてしまうことから、3日〜1週間くらいは飲酒及びサウナを控えると賢明でしょう。それに加えて、激しいマッサージについては、注射したところから不必要な部分まで拡大してしまいます。充分効果効能が発揮されるよう、可能な限り注射の部位や顔面、さらに身体に対して負担を掛けずに日々を過ごしていくことが大切となります。ボトックス注射後に大事になってくるのは、何を置いても患部を乱暴に扱わないということがあげられます。 注射部分を擦る、或いはマッサージを行なうなどの行為は禁物といえます。 入浴時間も可能な限り短くすると良いでしょう。