サイトメニュー

注射が苦手な人は麻酔推奨

カウンセリング

痛み止めを用意すると安心

ボトックス注入時、わずかですが痛みを伴います。針を刺すチクッとした痛みと、成分が注入されるときの圧迫されるような痛みです。注射や採血の痛みに抵抗がない人であれば気にならないほどの痛みですが、苦手な人は担当医に相談して局所麻酔を施してもらうことを推奨します。悩みによって注入量や針を刺す回数も変わりますので、できるだけストレスの少ないよう治療してもらうとよいでしょう。また、治療後にも痛みが続くことがあります。これはボトックス治療の副作用として挙げられるもので、成分が筋肉に効き始めている証拠です。副作用として代表的なのは、針を刺した部分の内出血、筋肉の痛みや違和感、倦怠感です。稀に頭痛や吐き気などを伴う人もいますが、症状には個人差があります。これらの痛みや不調は数週間で消える軽度のものであることが多いです。しかしあまりにも痛みが強かったり、長く不調が続いたりするようであれば、悪化する前に担当医に相談することが大切です。痛み止めを処方してくれるなど、適切な処置を行なってもらえます。ボトックスが用いられる美容整形の一つに、小顔矯正があります。なぜボトックスに小顔効果があるかというと、筋肉でできたエラを小さくすることができるからです。ボトックスには、脳から筋肉に送られる神経伝達を遮るという特徴があります。力を入れる指令が送られてこない筋肉は、次第に衰えてやせ細っていきます。小顔になりたいと悩む人のうち、エラの発達が要因となっている人が多く存在します。悩みの種となっているエラにボトックスを注入すると、エラは小さくなり、アゴの部分がすっきりして小顔になれるという仕組みです。切らずに小顔になれる画期的な治療方法ですが、治療後しばらくは副作用が現れます。人によって期間は変動し、目安としては2週間から1か月程度と言われています。エラ除去治療でしばらく不便になりそうな副作用は、食べ物が噛みづらくなるといったアゴの違和感と、顔の内出血です。食事は違和感が気にならなくなるまで柔らかいものを摂るようにしましょう。顔の内出血も、メイクで隠すなどの対処が必要となります。時間が経てば副作用も消えていきますので、気長に待ちましょう。