サイトメニュー

寝相は気をつけて

顔に触れる女性

カウンセリングで決まる

ボトックス注射を行った場合、治療後には副作用が発生しないように、様々なことに気をつける必要があります。第一に治療をした当日は飲酒・過度な運動・入浴を避けることで、体調不良が起こりにくくなるでしょう。ただし、入浴を避けるのは浴槽に入ることを避けることで、シャワーや洗顔を行うことは当日から可能となっています。また、治療を行ってから1週間程度は患部を圧迫しないことで、ボトックスが偏ったまま固まってしまうのを避けられるでしょう。注射した場所によっては寝相によって圧迫してしまう可能性があるため、特に顔に注射した場合、寝相で圧迫しないよう気をつけてください。なお、余分な刺激を与えないように、フェイシャルマッサージは避け、通常のスキンケアだけを行いましょう。なお、メイクに関しては注射を行った翌日から可能となっているため、肌に負担にならない程度のメイクを行ってください。副作用が不安な場合、医療機関に相談し、圧迫しないためのコツや寝相について確認を取っておくことをお勧めします。ボトックス注射で満足できる治療を行うためには、施術前のカウンセリングがもっとも大切といわれています。事前にカウンセリングを行い、ボトックス注射によって副作用が発生する薬を飲んでいるかどうか、を確認してください。また、妊娠・授乳中の人や、過去にアレルギーを発症した経験のある人も必ずカウンセリングで申告をしましょう。持病や投薬治療を行っている人の場合、ボトックス注射を行うことで副作用が発生するリスクがあるため、持病や投薬については必ず申告してください。また、病気がない人でも効果が発生するまでに時間がかかること、更に調子によっては実感できるまでに半月以上かかる場合もあるため、注意しましょう。絶対にボトックスの効果を得たい場合、多少期限に余裕を見て実行することで効果を実感しやすいといわれています。仕上がり状態を確認するために、注射を行った医療機関に再び訪れる必要があるため、必ず予定を空けて来院しましょう。ただし、違和感や腫れてしまったりした場合には、それ以前に医療機関を訪れることが一番大切となります。また、エステサロンに行くことや、ハンドマッサージを受けることは絶対に避けて、効果が実感できるまで待ってください。